・「アスキーアートの法と慣習」―アスキーアートの権利関係についてのエントリー(別館「犬が目覚めた日」)

     ・「連載物の保管庫」―上記の物をまとめたもの

研究日誌1

2007年3月30日(金)

研究の種類


事例研究

内容


 アスキーアートに関する事件・出来事と通して、アスキーアートの権利に関する慣習・規範を研究する。

具体的な内容


  • 「ギコ猫騒動」「ユンカース騒動」「ギコペ騒動」「モナー商標騒動」「AA会騒動」「ドットハック騒動」「小麦ちゃん騒動」「ドワンゴ騒動」「マイアヒ騒動」「のまネコ騒動」を事例としてあげる。
  • 現在の著作権法が想定している作者の権利と、どのような違いがあるか。
  • 「自由なもの」という印象があるが、それは本当か。
  • 「フリーソフトウェア」などの、他の「自由なもの」と違いはあるのか。違いがあるのなら、何が原因か。
  • 「自由なもの」とされるなかで、何をしてはだめなのか。

現時点の状態


 「ギコ猫騒動」に対する考察は完了。「AAの権利」研究の基本となる、「権利の主体」の仕組みの仮説を書く(「AAは自由である」という基礎の部分について書く)
 見やすいように、ブログだけでなくwikiに書けたものをまとめた。

これからの目標


 「AAは自由」という基礎・基本以外の部分を取り上げる。具体的には、「ただし、○○はしてはだめ」などの、但し書き部分について。どのようなものがあるか、何が原因でそうなったか、他の「自由なもの」との違いは何か?

 「ギコ猫騒動」以外の事例からそれらを考える。

問題点


  • 読むべき資料(レス・ブログ記事)が多すぎる。(特にのまネコ騒動)
  • それにともない、本研究がおろそかになる可能性あり。
  • これらの事例が、AAの慣習・規範を調べるのに適切なのか?

解決策


  • いくつかの事例を取り上げない(時間短縮)
  • 本研究の方を優先する

[PR]

  by syakai21 | 2007-03-30 04:18 | メモ

<< やっぱ、画質は必要だったんだな... 現時点までのまとめ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE