・「アスキーアートの法と慣習」―アスキーアートの権利関係についてのエントリー(別館「犬が目覚めた日」)

     ・「連載物の保管庫」―上記の物をまとめたもの

研究日誌2

全体の流れに対して、アスキーアートをどのようにもって来るべきか悩む。
場合によっては、アスキーアートを外すことも考える必要があるかも。
[PR]

  by syakai21 | 2007-05-21 23:28 | メモ

<< 「オープンソース文化」には、コ... リンク感謝とブログを書く理由 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE